ミラブル・トルネードスティックの詰め替え方法・中身交換

inno
2022-01-13 11:24 2796 0

 

 

ミラブル・トルネードスティック(塩素除去カートリッジ)の詰め替え方法・中身交換について説明します。

トルネードスティック(塩素除去カートリッジ)は使用条件によりますが、約3か月間使ったら塩素除去効果が弱くなります。

そのため周期的に交換が必要ですが、販売されている純正トルネードスティック(塩素除去カートリッジ)は約3000円で高いです。

それで、亜硫酸カルシウムを別途購入して自分で中身を詰め替えてみました。

思ったより簡単にできますが、可能であれば純正品を購入して使うことをお勧めします。



 

約3カ月程度使うと中身が少し小さくなり、色も薄い緑色に変わります。

ここで中身を取り出すには上の写真のようにカートリッジの向きを確認して「←」向きでドライバーとかで押します。




押すと上記の写真のように中身が出てきます。



そのままずっと押して取り出します。



中身を取り出しました。


 

では、変色した「亜硫酸カルシウム」を取り出したいのですが、

これもまた先端が取れるような構造になっていましたが、なかなか大変でしたので、

亜硫酸カルシウムが入っている真ん中のプラスチック部分を切ることにしました。



 

こんな感じでカッターナイフでゆっくり真ん中のプラスチックだけ切ります。

思ったより柔らかい素材にプラスチックなので切ってから外して亜硫酸カルシウムを取り出します。



 

左の袋に入っているのが未使用の亜硫酸カルシウム。

右にあるのがトルネードスティックから取り出した変色した亜硫酸カルシウムです。




先ほど切った真ん中部分のプラスチックを再度装着してカートリッジにこのように少し入れてから新品の亜硫酸カルシウムを入れます。
切った真ん中のプラスチック部分は再度接着する必要はありません。
接着しないで写真のように装着してそのまま使いました。
3カ月後にまた詰め替えする時にこの切った面を利用して詰め替えします。
このまま使ってもカートリッジの中で切った部分が開くことはない構造になっています。



こんな感じで入れたら中身をカートリッジにグッと押して元の位置に戻します。


 

これでミラブル・トルネードスティックの詰め替え完了です。

ちなみに中身の「亜硫酸カルシウム」はネットで購入しました。

サイズが2~3mmを購入しました。

1~2mmサイズがあればそれを買った方が良さそうな気がします。

でも、1~2mmだと小さすぎて水流を詰まらせて水圧が弱くなる可能性があるかもしれません。

3~4mmもありますが、それはちょっと大きいよな気がします。

2~3mmがいいかもしれませんね。

交換して使っていますが、特に問題ありませんでした!!

コメント