[MySQL] MySQL の同時接続数 (max_connections) の変更

inno
2024-01-16 17:55 221 0
[MySQL] MySQL の同時接続数 (max_connections) の変更
 
同時接続数 (max_connections)確認
show variables like "%max_connections%";
 
結果
+--------------------------+-----------------+
| Variable_name            | Value           |
+--------------------------+-----------------+
| max_connections          | 151             |
+--------------------------+-----------------+
1 rows in set (0.00 sec)
 
同時接続数 (max_connections)変更
set global max_connections = 1000;
 
 
結果
+--------------------------+-----------------+
| Variable_name            | Value           |
+--------------------------+-----------------+
| max_connections          | 1000             |
+--------------------------+-----------------+
1 rows in set (0.00 sec)
 
注意:mysql もしくはサーバを再起動すると元の「151」に戻る。
永久に変更するには my.cnf ファイルを修正後mysql 再起動が必要。
 
[mysqld]
max_connections = 500
 
windowsのmysqlの場合、以下のパスにある「my.ini」を修正する。
C:\ProgramData\MySQL\MySQL Server 8.0
 
Amazon Aurora MySQL のパフォーマンスとスケーリングの管理
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/AuroraUserGuide/AuroraMySQL.Managing.Performance.html

Aurora Serverless v2 インスタンスによるこのパラメータの処理方法については、「Aurora Serverless v2 の最大接続数」を参照してください。

インスタンスクラス max_connections のデフォルト値
db.t2.small 45
db.t2.medium 90
db.t3.small 45
db.t3.medium 90
db.t3.large 135
db.t4g.medium 90
db.t4g.large 135
db.r3.large 1,000
db.r3.xlarge 2000
db.r3.2xlarge 3000
db.r3.4xlarge 4000
db.r3.8xlarge 5000
db.r4.large 1,000
db.r4.xlarge 2000
db.r4.2xlarge 3000
db.r4.4xlarge 4000
db.r4.8xlarge 5000
db.r4.16xlarge 6000
db.r5.large 1,000
db.r5.xlarge 2000
db.r5.2xlarge 3000
db.r5.4xlarge 4000
db.r5.8xlarge 5000
db.r5.12xlarge 6000
db.r5.16xlarge 6000
db.r5.24xlarge 7000
db.r6g.large 1000
db.r6g.xlarge 2000
db.r6g.2xlarge 3000
db.r6g.4xlarge 4000
db.r6g.8xlarge 5000
db.r6g.12xlarge 6000
db.r6g.16xlarge 6000
db.r6i.large 1,000
db.r6i.xlarge 2000
db.r6i.2xlarge 3000
db.r6i.4xlarge 4000
db.r6i.8xlarge 5000
db.r6i.12xlarge 6000
db.r6i.16xlarge 6000
db.r6i.24xlarge 7000
db.r6i.32xlarge 7000
db.x2g.large 2000
db.x2g.xlarge 3000
db.x2g.2xlarge 4000
db.x2g.4xlarge 5000
db.x2g.8xlarge 6000
db.x2g.12xlarge 7000
db.x2g.16xlarge 7000
接続制限のデフォルトをカスタマイズする新しいパラメータグループを作成すると、DBInstanceClassMemory 値に基づく式を使用してデフォルトの接続制限が取得されます。前の表で示されているように、式は、メモリが段階的により大きな R3、R4、R5 インスタンスへと倍増すると 1000 ごとに増える接続最大数を、また T2 インスタンス、および T3 インスタンスの異なるメモリサイズでは 45 ごとに増える接続最大数を生成します。

DBInstanceClassMemory を計算する方法の詳細については、「DB パラメータの指定」を参照してください。

Aurora MySQL と RDS for MySQL DB インスタンスには、異なる量のメモリオーバーヘッドがあります。したがって、同じインスタンスクラスを使用する RDS for MySQL DB インスタンスと Aurora MySQL インスタンスでは、max_connections 値が異なる場合があります。テーブルの値は Aurora MySQL DB インスタンスにのみ適用されます。

コメント